ニクニクドットミー

カッコいいおっさんを目指すエンジニアの厳かなブログ

スポンサーリンク

【4ヶ月】英検2級にぎりぎり合格したので使った教材を紹介します!

f:id:maaaato:20200906102140j:plain 2020年7月に初めて英検を受験してきました。受けた級はタイトルにある通り2級です。

英語の試験はいままでTOEICを数回受けたことがありますが、英検はまったくもって初めてでした。 ちなみに最後に受験したTOEICのスコアは415点と決して高いスコアではありません...

今回なぜ英検を受けようと思ったかというと4技能が評価されるからです。4技能とは「reading」、「listening」、「writing」、「speaking」のことです。 TOEICでは読む、聞くの評価のみで書く、話すについてはテストがありません。ただ、TOEIC S&Wは「speaking」、「writing」のテストがあります。

また英検2級のレベルは高校卒業程度ということでいまのTOEICのスコア的には一つ上のレベルだと思ったのでチャレンジするにはいいかと思いました。

英検にはいくつか種類があるのですが、今回受験したのは英検S-CBTという種類です。これは一日で4技能受験できるものです。普通の英検では一次試験として「reading」、「listening」、「writing」があり、一次試験に合格すると二次試験で「speaking」試験を受けます。

S-CBTの特徴としてパソコンを使って試験を受けます。 「speaking」はヘッドフォンをつけてビデオを見ながら質問に答えます。試験官と直接話すことはないので人前では緊張してしまう人にはS-CBTの方が緊張することは少ないかと思います。

前置きが長くなってしまったのですが、英検2級にチャレンジするにあたって使った教材やアプリ、どんな感じで勉強したのか書いてみたいと思います。

が、、、、、、

えーっと正直にお話するとはちゃめちゃにぎりぎりでの合格でした(笑)どのぐらいぎりぎりかというとコナンのOPテーマぐらいぎりぎりでした。あそこまでぎりぎりで合格したのは日本で僕だけじゃないでしょうか。

あと受験の1ヶ月前に集中力が切れてしまい勉強が疎かになってしまったことを白状しておきます。

結果

f:id:maaaato:20200906100101p:plain
英検2級結果

めっちゃくちゃぎりぎりの点数です(笑) 一次試験は1520点以上で合格、二次試験は460点以上で合格なのでほんと首の皮一枚でつながった感です。

使った教材とアプリ

参考にさせて頂いたブログを紹介します。使った教材はこちらのブログを参考にして購入しました。 is014080.com

まずは自分のいまの実力を知るために過去問を1つだけやってみました。リスニング、長文はまだ正解できたのですが、単語がまったくダメで語彙力を鍛える必要があることがわかりました。

語彙力強化のためにこちらの教材を使いました。文単以外はそれぞれ1周はできたと思います。ただ単語を見るだけだとかなり辛いことがわかりました...

英検2級の全体を通して学習をするのに使いました。長文のコツやwritingのコツを学びました。
2年前にフィリピン留学したときにこのシリーズの中学英語版を使ったときに非常にわかりやすかったのでこちらを使いました。

writingのコツを学ぶために使用しました。わかりやすくの教材でも良かったと思いますが、練習問題が豊富でした。
writingは勉強しましたがだいぶニガテでどうしても難しく考えてしまい、複雑な文を作ろうとしてしまってました。本番までに克服できればよかったのですが、できなかったので、試験では死ぬほど簡単な文にしました。あとは理由を述べるときにfirst, secondを使うことを忘れずにしました。

学習時間の記録にスタディプラスを使いました。これもフィリピン留学の時に教えてもらいました。 「今週はxxx時間やるぞ!」と目標を立ててやってましたが、無理でした(笑) www.studyplus.jp

ちなみに当時の記録はこんな感じです。6月、7月はほとんど勉強できてないことがわかります...

f:id:maaaato:20200906094034p:plain
スタディプラス

speakingに関してはYouTubeで対策動画を1,2本みたっきりでなにもしませんでした。自信があったわけではなく、半ば諦めていたので、とりあえず無言にはならずになにかしら喋ってやろうという気持ちでした。 それが功を奏したのか「積極的に話そうとしている」という観点でポイントが入っていました。なのでspeakingに自信がない人は「とりあえず口から英語を出す」練習をするのがいいと思います。

感想

3月から準備を始めて4ヶ月ほど時間をとりましたが、実質6月、7月は勉強出来てなかったので2ヶ月は頑張って勉強をしました。集中力が切れてしまった原因は英語だけに集中せず、他のことも同時にやっていたのがあります(副業とか) あと家族との時間も取らない状態にもなってしまい、妻から「たまにはゆっくりしたら?」と言われてしまい、家族との時間を蔑ろにしてしまいました。ちゃんと休むときは休むとメリハリをつければ良かったと反省しています。

あと気を緩めた時についマンガに走ってしまい、「キングダム」と「ザ・ファブル」、「無限の住人」「波よ聞いてくれ」を全巻買い揃えてしまい、読みフケってしまいました。「波よ聞いてくれ」の影響で北海道に旅行にいきたいほどです(ボイジャーのカレー食べてみたい)

正直かなり運がよかったと思いますが、適当に答えたところはほとんどない記憶です(いいように記憶を改竄してたらごめんなさい)。といってもわからない所もありましたが、そこに時間をかけてもしようがないので割り切りました。

TOEICは数回受けたことがあるのも試験慣れをしておく上で良かったと思います。パソコンを使う点はだいぶ違いますが問題の流れとかは似ていると思ったので全く経験がないよりかはいく分かリラックスして挑めたと思います。

まぐれ合格な気配もプンプンしますが、合格は合格と思って次は準一級に挑戦します!半年くらいは学習時間を取りたいので来年の3,4月頃に受験してみようと思います。

See you next time!