ニクニクドットミー

カッコいいおっさんを目指すエンジニアの厳かなブログ

スポンサーリンク

ターミナルのフォントをRictyにしてみた

Ricty

 

 

 

最近ターミナル周りをいじっています。

iTerm2を使っていたのですが、tmuxというのを知り、tmuxを入れてみたり、emacsをターミナルで使ってみたりしてます。

ふと思ったのが、「ターミナルのフォント見にくくない!?」です。

とりあえず、フォントの変更の仕方を調べようとぐぐった所、「Ricty」というプログラマ御用達?のフォントがあるらしい。

なるほど。ではさっそく入れてみよう!今回こちらのサイトを参考にさせて頂きました

プログラミング用フォント「Ricty」をLionに導入してみたメモ

感謝!

手順

  • 1.FontForgeの導入
  • 2.Inconsolataのインストール
  • 3.Migu 1Mのインストール
  • 4.GitHubから生成スクリプト一式をダウンロード
  • 5.生成スクリプトを実行し、Ricty.ttfファイルを生成
  • 6.出来上がったRictyフォントをインストール

FontForgeの導入

FontForgeとやらをインストールします。 自分はhomebrewを使ってインストールしました。

$> brew install fontforge

Inconsolataをインストール

公式サイトからOpenTypefileをダウンロードします。このInconsolataもフォントの種類なんですね。知らなかった^^; ダウンロードしたら.otfファイルを「Font Book」にドラックアンドドロップしましょう。 FontBookはMacのフォント管理ソフトです。Spotlightで検索するか、アプリケーションから探すと見つかります。

Migu 1Mをインストール

公式サイトからダウンロードしますが、MigMixというのもあるので注意してください。Migu 1Mをダウンロードしましょう。 ダウンロードしたら解凍し、フォントファイルをFontBookへドラックアンドドロップ。

GitHubから生成スクリプト一式をダウンロード

Ricty公式GitHubからスクリプトなどが入ったファイルをダウンロードし、解凍します。

生成スクリプトを実行し、Ricty.ttfファイルを生成

ターミナルを起動し、さきほど落としたスクリプトのディクレトリに移動します。 移動したら生成スクリプトを実行!Rictyフォントを生成します。

$> (解凍したディクレトリ)/ricty_generator.sh auto

ここで、すこし時間がかかります(5分くらい?)

生成後はホームディレクトリに以下のファイルが出来るはずです。

  • Ricty-Regular.ttf
  • Ricty-Bold.ttf
  • RictyDiscord-Regular.ttf
  • RictyDiscord-Bold.ttf

出来上がったRictyフォントをインストール

ここまできたらあとはもうすこし! さっそく出来たRictyの.ttfファイルをFontBookにドラックアンドドロップしてインストールしましょう。

インストールしたら、ターミナルでフォントの種類をかえましょう。

ターミナル>環境設定>設定>テキスト ここでRictyを選択すればオッケーです。

ちなみにアンチエイリアスがかかっていないと汚いので、フォントを選択する箇所の下の、「テキストをアンチエイリアス処理」にチェックを入れましょう。

今回は環境設定について書きました。 参考にさせて頂いたプログラミング用フォント「Ricty」をLionに導入してみたメモがめちゃくちゃうまくまとまっていて、見習いたいです。