ニクニクドットミー

カッコいいおっさんを目指すエンジニアの厳かなブログ

スポンサーリンク

筋肉を鍛えることで得た3つのメリット

What's up guys?

さて、慣れない英語で始めてみましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は絶賛風邪を引いており、咳がひどくとてもトレーニングできる状態ではありません(笑)

そんな状態でも筋肉アドベントカレンダー18日目をしっかり記事を投稿させていただこうと思います!

実は去年も同じ日を担当しておりまして、去年はこんな記事を書いておりました。

blog.nikuniku.me

あれからまた一年が経ち、トレーニング歴は1年6ヶ月となりました。最低週一のトレーニングを妻と行っており、妻はベンチプレス25kg 10repに挑戦しております。そんな妻は年内に30kg 1rep maxを目指しています!

私の方はなんとかギリギリ(あやしいけど) 100kg 1rep max 挙がるようになり今年の目標であった、年内に 100kg 1rep max はクリアできました!とはいえ、ちゃんと下まで下ろせているか微妙なので、再挑戦したいと思います。
デッドリフト、スクワットはいまだに挑戦しておらず、来年の課題です。

今回はトレーニング1年6ヶ月してみて、良かったことを書いてみようと思います:)

得たメリット

  • 会話のキッカケ
  • 通り名がつく(?)
  • コミュニティへ参加

会話のキッカケ

レーニングしている人だとあるあるかもしれませんが、トレーニングする前に比べて話のキッカケになることが増えました。 例えば、

  • 同僚にオススメのプロテイン、サプリ、トレーニング方法を聞かれる
  • 初対面の人との会話で、ガタイの話が出てくる

近所の居酒屋にふたっと立ち寄った時のこと。店員さんから「もしかして、そこの道路を毎朝通ってます?」と聞かれ、なんでわかったんですか?と聞くと「その足の太さでわかりました(笑)」という事が実際にありました。
他にもガタイいいですねーから、昔筋トレやってましたよ!とかどこのジムに行っているんですか?など会話のキッカケがガタイのケースが増えました。

通り名がつく(?)

筋肉エンジニアが流行っていますが、噂でFintechのムキムキの人?で一部に認識されていた模様。はっきりした内容は不明です(笑) なんとなく、筋肉エンジニア+αがあるといいなーと思いました。(筋肉エンジニアSREとか筋肉エンジニアVR/AR or ML)

コミュニティへ参加

ありがたいことにslackの筋肉エンジニアチャンネルに参加させてもらっています。そこでは筋トレの方法や合トレの案内など結構アクティブなコミュニティです。 そのコミュニティ経由で知り合った筋肉エンジニアの方もいます。

まとめ

レーニングを続けた事で見た目が会話のキッカケになることがとても増えました。以前は見た目からの会話のキッカケは生まれませんでした。
個人的には会話のキッカケになった事は素晴らしい事で、特に初対面の人との会話ではとてもいい会話になります。

なにかを続けることで見えてくる事はたくさんあると思いました。
そして筋トレが趣味な人たちとも繋がる事ができて、新しい可能性が生まれた気がします(ちょっと大げさかも)

それではSee you next time!

100kg challenge

www.instagram.com

中学レベルの英語力でLTに初挑戦してよかったこと

9/25に勤め先のmeetupイベント(Kyash meetup #3)で人生初の英語LTに挑戦しました。

このmeetupの今回テーマは 「人生」 で、それぞれが自分の人生についてざっくばらんに話すというものでした。

自分の発表タイトルは 「英語×エンジニアの可能性について」 というタイトルで、スライドは日本語で作りましたが発表は英語で挑戦しました。

というのも今年の5月から8月の3ヶ月間、フィリピンに語学留学に妻と行っていました。せっかくなのでその時の話をしようと思い、このイキったタイトルをつけました(笑)

meetup 前日

前日でこのステータス。進捗0%。

続きを読む

筋トレを始めて半年経ったので振り返ります

f:id:maaaato:20170212183612j:plain

adventar.org

筋肉アドベントカレンダー2017の18日目の記事を書かせてもらいます。

いきなり半年トレニーング続けた感想を言ってしまうと 「めっちゃ楽しい!」「重い物を持ち上げたい!」 です。(現在ベンチプレス 90kg 1rep、スクワット、デットリフトはまだ計測したことがありません)

3ヶ月くらい続けた頃に「体つきが変わった」「ガタイが良くなった」と言われるようになってモチベーション高くなりました。

今回筋肉アドベントカレンダーでは、筋トレを始めたきっかけやトレーニングの始め方などを半年続けた目線で書かせてもらいます。

筋トレ半年の初心者の話で恐縮ですが、誰かの筋トレを始めるきっかけになってくれると幸いです!(この投稿は18日の昼くらいになってると思います…すみませんすみません)

続きを読む

【AWS】今更ながらDynamoDB入門

f:id:maaaato:20151223215351p:plain
NoSQLデータベースであるDynamoDBに今更ながら入門してみようと思います。
こちらの記事を参考に手を動かしながら、感覚をつかもうと思います。
AWS再入門 Amazon DynamoDB 編 | Developers.IO

また、DynamoDBにはハッシュキー、レンジキーといった概念があるので、それらを理解する為にこちらを参考にさせて頂きます。

Amazon DynamoDBはマネージドなNoSQLデータベースです。RDBMSとは違い、リレーションやトランザクションといった概念がありません。しかし、キャパシティが自動でスケールするなど管理する項目が少ないのが特徴です。また、RDSとは以下の点が違います。

RDS DynamoDB
一貫性 強力 結果整合なので基本的に弱い(強整合性指定も可能)
原子性 ある ない(同じアイテム内の更新であれば可能)
検索条件 SQLのWHERE句で自由自在 事前指定のキーまたはインデックスのみ
可用性 メンテナンスウィンドウあり 基本的に常に利用可
拡張性 スケールアップのみで天井が低い シャーディングによるスケールアウトが可能

結果整合性はS3と同じですね。データ更新直後はデータが取得できなかったり、古いものが取得される可能性があります。

続きを読む

【AWS】SQSをただただ触ってみただけの話

f:id:maaaato:20151223134852p:plain
AWS最古のサービスSQSを今回は触ってみます。

SQS(Simple Queue Service)とは

Amazon Simple Queue Service(Amazon SQS)には、コンピュータ間で送受信されるメッセージを格納するための、信頼性の高いスケーラブルなホストされたキューが用意されています。Amazon SQS を使用することによって、さまざまなタスクを実行するアプリケーションの分散コンポーネント間で、データを簡単に移動させることができます。

キューイングサービスですね。どういう用途に使うかというと、例えば処理を切り離したい時に使う事が出来ます。
DBのデータ更新系の処理だとして、リクエストを受け付けて、その後DBの更新を行うとし、このDB更新に時間が掛かるとします。更新が完了するまでの間レスポンスが帰ってこない状態になってしまうと思います。これを受付と更新とで切り分ける時にキューイングの出番です。
受付処理の時にキューイングに更新依頼きたよーとキューにメッセージを入れます。キューにメッセージを入れたら、レスポンスを返却します。その後、ワーカーがキューのメッセージの有無を確認し、メッセージがあればDBを更新します。 キューイングを用いると処理を切り話す事が出来ます。

キューは、データの生成と保存を行うコンポーネントと、データを受信して処理を行うコンポーネントの間のバッファーとして機能します。つまりキューは、消費者(Consumer)の処理スピードよりも生産者(Producer)が早く作業を生成したり、生産者と消費者がネットワークに断続的に接続されている場合などに発生する問題を解決します。

続きを読む

【AWS】Elastic Beanstalkをただただ触ってみただけの話

f:id:maaaato:20151220181756p:plain
今回はAWSのサービスの一つであるElastic Beanstalkを触ってみたいと思います。

Elastic Beanstalkとは

ELB,EC2,AutoScalingがセットになったPaaSです。アプリエンジニアは作成したアプリケーションをElastic Beanstalkにデプロイするだけでサービスを展開出来るので、アプリ開発に集中する事ができます。 現在(2015年12月時点)サポートしているのはJava、.NET、PHP、Node.js、PythonRuby、Go、Dockerとなっているようです。またElastic Beanstalkで使えるOSはAmazonLinux、Windows Server2012が利用可能です。Ubuntuを普段使っているので、ちょっと残念です。

Q: AWS Elastic Beanstalk では、どのオペレーティングシステムが使用されますか? AWS Elastic Beanstalk は、Amazon Linux AMI および Windows Server 2012 R2 AMI で実行されます。どちらの AMI もアマゾン ウェブ サービスによってサポートされ、管理されます。これらは、Amazon EC2 クラウドコンピューティングのための安定性、セキュリティ、およびパフォーマンスに優れた実行環境を作るように設計されています。

AmazonLinuxだとローカルに環境が作れない(Vagrantなどで)ので、Dockerでデプロイするのが良さそうです。Dockerであれば、ホストOSは気にせず(あまり)にローカルに環境が作れるので、Elastic Beanstalkを使う場合は、Dockerが良さそうです。

続きを読む

初めてQiitaにアドベントカレンダーを作ってAutoScalingの話を投稿しました

皆さんアドベントカレンダーやってますか??

qiita.com ※投稿したアドベントカレンダー一日目の記事

Qiitaというエンジニア向けの情報サイトには毎年恒例のアドベントカレンダーというものがあります。これは12/1 ~ 25日まで、あるテーマに沿った記事を毎日交代で書いていくものです。同じ人が複数書いても問題ありません。テーマはそれぞれで、言語であったり、AWSであったりと多岐にわたります。
そんなアドベントカレンダーですが、企業毎のアドベントカレンダーも存在しています。 そんな中、いろんな企業がやっていたので自分もやってみたいと思い、いま勤めている会社のアドベントカレンダーを作り、AutoScalingについて記事を投稿させて頂きました。 なかなか無い機会なので、やろうと思った理由とAutoScalingを書いた理由をかる〜くメモっておきます。

続きを読む