読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニクニクドットミー

カッコいいおっさんを目指すエンジニアの厳かなブログ

スポンサーリンク

家探しは実際に話しを聞いた方がいいと思った件

Alamo square san francisco6123 今住んでいる家がかなり手狭になってきましたので、近場のいまよりは広い家に引っ越すことにしました。

いまは1LDKなのですが、次は2LDKなので結構広くなります。

ただ、そんなにお高い所には住めないので、古めの物件です。

さて、そんな感じで引っ越すことにしたのですが、家探しで実際に不動産の人と話してよかったなーと感じることがありましたので、ブログに書いて置こうと思います。最近は仲介手数料0¥の不動産サイトも多く見かけられます。

ヘヤジンプライム

Q どうして東京23区内のすべての物件の仲介手数料が無料になるのですか? A ヘヤジンプライムはインターネットに特化した次世代の不動産事業を目指しております。 既存の不動産屋とは全く異なった運営をしており、徹底的にムダを省いています。 広告のムダ、沢山のお店のムダ、過剰な営業のムダ・・・そういったムダをなくす事で、お客様から仲介手数料を頂く必要の無い事業を運営しています。

https://prime.heyazine.com/#qa

手数料無料・仲介手数料無しはお得? | 住まいの基礎知識・ノウハウ【HOME'S】

住宅の数が充足し、賃貸物件でも空室が目立つようになると、貸主(オーナー)にとって少しでも早く借主をみつけることが重要課題となります。不動産業者に仲介手数料を支払ってでも、すぐに入居してもらうほうが良いのです。例えば3か月間にわたって空室になるより、1ヶ月分の手数料を支払って1ヶ月間の空室で済むほうがメリットは大きいでしょう。その代わりに借主が負担する仲介手数料を無しにすれば、早めに契約できる可能性が高まります。

このような理由で、仲介手数料無しの場合があるようです。 今回僕が家を探した時は、ネットで物件を調べて、店舗にお伺いし、担当者と話をしながら物件を絞り込み、内見して決めた感じです。普通な感じ。 一方ヘヤジンプライムは店舗を持たず、直接内見したりサポートに問い合わせしながら家を探すタイプ。

長くなりましたが、実際に話しを聞いて良かったと思った所は!

大家さんについて教えてもらえる

実はネットで見つけた物件がとても良かったので、そこを見てみたいと話をした所、意外な事実が発覚しました。。。

  1. 大家さんがかなりの頑固もの
  2. 近所夏祭りなどのイベントに強制参加(住むための必須条件)

どうやら物件の近所にある神社?の関係者らしく、イベント毎にがっつり参加(準備とか)することが入居の条件でした。 担当者の方もほとほと困っており、この物件に興味持った人にしっかり説明しているそうです。 初め聞いたときは耳を疑ってしまい、今後の人間関係が目に見えてめんどうになることがわかったので、その物件は諦めました。

自分が来店した後にきた方もその物件に興味があったようですが、その説明を聞いて、がっかりした感じで諦めていました。。。南無。

こう思った

つまりは仲介手数料は払う価値がある。その為に担当者にたくさん質問しまくるべし!と思います。 先の物件ですが、この物件のお陰でいくらか人が集まるんだろうなと思いました。(ある種の釣り)

物件は希望に合うものを100件ほど出してもらい、その中から奥さんと一緒に選んで内見までしました。 不動産屋さんから提示されるのではなく、自分達で選べてよかった。 ヘヤジンプライムのような店舗を持たない場合で、電話サポートの場合だと自分からどんどん聞くしか無さそうなので、引っ越し慣れしている人が向いているような気がします。

実際に話しをしながら選ぶ方が安心感はあるのかなーと思います。