読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニクニクドットミー

カッコいいおっさんを目指すエンジニアの厳かなブログ

スポンサーリンク

hanaso ちょっと英語を話す抵抗がなくなった気がするの巻

IMG 1233 今日も朝7:30からレッスン開始。 以前習ったMary先生がとてもよかったので、今回もMary先生にしました。 Mary先生は結構話をしてくれる先生で、Good Morning!と挨拶した後に、先生の話をしてくれました。 正直9割わからなかったのですが、毎日水を飲むようにしているっぽいです。

さて、レッスン内容は引き続き基本英文法。疑問詞の無い疑問文。 こんな感じ。 A: Do you like music? (あなたは音楽が好きですか?) B: Yes, I do. (はい、好きです。)

?のイントネーションの上がる所が上がっておらず、注意されました。 逆にNoと答えるときにイントネーションが上がってしまい、こちらも注意^^;

あとレッスン中に自分のPCがフリーズしてしまい、レッスンが一時途切れました。 復旧した後に、I'm sorry.My PC is shotdown!と言ったら理解してくれてたみたい?です。

今日はhanaso以外でも会社で英語を使いました。 というのも、毎週水曜日は英語ランチを会社で開催していて、休憩スペースで英語に興味ある人達で集まってご飯を食べます。 参加者にはネイティブの人もいて、最近はネイティブの人が増えたので5~6人くらいいらっしゃいました。 でもミーティングが長引いた関係で軽く顔だけ出したのですが、そこで質問をしてみました。 May I ask you a question? What dose "Go ahead" mean? 途中からいきなりHi!と声掛けてからの質問だったので、全員がこっちを見ている中で英語を話のはすこし度胸が入りましたが、 なんとか話せました。ちゃんと伝わったみたいです。 Go aheadはどうぞ!という意味があって、例えば会話をしていて、話を遮ってしまったときに"Go ahead(どうぞ続けて)"的なニュアンスで使うみたいです。 あと、空いている席をつかっていいよって時に「ここどうぞ!」と伝えたい時にも"Go ahead"は使えるようです。

今日はネイティブの人を前にして、短い英語を話しましたが、英語を話す抵抗はかなりなくなったと感じました。 まだ考え込んだり、答えに困ったりしますが、すこし前進した実感がありました。